Razer Basilisk Ultimateの分解修理

修理

今回はRazer Basilisk Ultimateマウスの分解修理をしていきます。
ネジを外すにはT型のドライバーが必要になりますが、分解自体は比較的簡単です。

難易度 ★★☆☆☆

使用した工具類

T6ドライバー

ベッセル(VESSEL) パワーグリップ トルクスドライバー TORX T6×80 5400TX

ベッセル(VESSEL) パワーグリップ トルクスドライバー TORX T6×80 5400TX

今回はT6ドライバーを使いましたが、T6ドライバーだとネジ穴に少し隙間があったので、T7ドライバーでもよいかもしれません。T8ドライバーはネジ穴に入りませんでした。

ベッセル(VESSEL) パワーグリップ トルクスドライバー いじり止め TORX T7H×80 5400TX

ベッセル(VESSEL) パワーグリップ トルクスドライバー いじり止め TORX T7H×80 5400TX

+00ドライバー

ベッセル(VESSEL) セパドラ エコドライバー 〈精密タイプ〉 +00×50 590

ベッセル(VESSEL) セパドラ エコドライバー 〈精密タイプ〉 +00×50 590

はんだ線

ENGINEER エンジニア スペリオットRMA/無洗浄ハンダ SWS-06 線径:0.6㎜

無洗浄はんだのメリット
・はんだ付け後のフラックス洗浄作業が不要になる。
・フラックス残渣による基板への悪影響が無い。

無洗浄はんだのデメリット
・他のはんだと比べるとやや高価。

はんだ吸い取り線

goot(グット) はんだ吸取線 幅2.5mm 長1.5m CP-2515 日本製

低融点はんだ

はんだ付けされている部品を外す際に便利です。


barchetta パテはんだ 融点95℃ 穴埋め パテ盛

barchetta パテはんだ 融点95℃ 穴埋め パテ盛

分解

マウス裏面のソールやステッカーを剥がし、下にあるネジをT6ドライバーで外します。

フラットケーブルを抜きます。

赤丸のネジを外し、バッテリー台を外します。

基板に繋がっているコネクタやフラットケーブルを抜き、ホイールを取り出します。
赤丸のネジを外し、基板を取り出します。

はんだ付け作業

今回はホイール押し込みスイッチを交換します。

元から使われているスイッチの型番は不明ですが、同じサイズのパナソニック製のEVQP0E07Kというスイッチが使えました。しかし、元から使われているスイッチと比べて押下圧が低いので、押下圧が高めのスイッチが好みの方は、同じくパナソニック製のEVQP0D07Kというスイッチもあります。

ココナラとヤフオクで修理サービスを出品中!

このような修理がうまくできるか不安な方は、当方の修理代行サービスを利用してみてください。

他のマウスやキーボードも受け付けております。

過去に約2000台のマウス修理と約400台の片手キーボード修理の経験があり、様々なマウスや片手キーボードのスイッチ交換や静音化、ホイールセンサー修理などを行っています。

修理後の動作保証も付いています。詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

ココナラ

マウスの修理や静音化をいたします 修理実績2000台の当方に、おまかせください! TartarusやG13を修理します 修理実績400台の当方におまかせ下さい!

ヤフオク

Yahoo!オークション – satilikesさんの出品リスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました