Kensington SlimBlade Proを静音化!

修理

今回はKensington SlimBlade Proのスイッチを静音スイッチに交換し、スクロール時に鳴るカリカリという音も消します。

前モデルの有線版SlimBladeでも基本的な手順は同じです。

使用した工具類

+1ドライバー

ベッセル(VESSEL) クッショングリップドライバー 〈細軸タイプ〉 +1×75 610

はんだごて

白光(HAKKO) ダイヤル式温度制御はんだこて FX600-02

はんだ線

ENGINEER エンジニア スペリオットRMA/無洗浄ハンダ SWS-06 線径:0.6㎜

はんだ吸い取り線

goot(グット) はんだ吸取線 幅2.5mm 長1.5m CP-2515 日本製

オープニングツール

iFixit オープニングツールセット

使用した交換部品

Kailh製静音スイッチ

Amazonやメルカリなどで入手できます。

分解

まずは裏面の5箇所のソールを剥がします。ドライヤーで温めると剥がしやすいです。

そしてソールの裏にある計7個のネジを外します。

ネジの他に両面テープでも固定されています。

オープニングツールを使い、側面の隙間から少しずつ両面テープを剥がしていきましょう。

USB-C基板とバッテリーのケーブルがメイン基板に接続されているので、抜きます。

すると、表面と裏面で2つに分離できます。

次に基板を取り出していきます。

3箇所のネジを外しましょう。

まだ基板を持ち上げてはいけません。

スクロールセンサーとメイン基板がフラットケーブルで接続されているので、外しておきます。

黒い爪を持ち上げるとフラットケーブルを抜くことができます。

こうして基板を取り出すことができました。

ハンダ作業

ここからハンダ作業に移ります。

スイッチを取り出す際は赤丸、スクロールスピーカーを取り出す際は青丸のはんだを溶かしましょう。

静音スイッチを入れる穴の場所に注意し、はんだ付けしていきます。

スクロールスピーカーがはんだ付けされていた部分はこのままで問題ありません。

これで静音化が完了しました!

ココナラとヤフオクで修理サービスを出品中!

このような修理がうまくできるか不安な方は、当方の修理代行サービスを利用してみてください。

他のマウスやキーボードも受け付けております。

過去に約2000台のマウス修理と約400台の片手キーボード修理の経験があり、様々なマウスや片手キーボードのスイッチ交換や静音化、ホイールセンサー修理などを行っています。

修理後の動作保証も付いています。詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

ココナラ

マウスの修理や静音化をいたします 修理実績2000台の当方に、おまかせください! TartarusやG13を修理します 修理実績400台の当方におまかせ下さい!

ヤフオク

Yahoo!オークション – satilikesさんの出品リスト

タイトルとURLをコピーしました